BMI値から考える食べ物の摂取と吸収について

目立たない装置で矯正できます。横浜(神奈川県)の子供矯正(こどもの矯正、小児矯正)は当歯科医院へ。

BMI値から考える食べ物の摂取と吸収について

今回は、食べ物を食べる量とその吸収というテーマでお話していきたいと思います。

 

皆さんは普段、ご自身に必要なエネルギー摂取量というものを気にして生活されていますでしょうか?ダイエット中の方など、摂取カロリーを控えようと意識する方は多いかもしれませんが、適正なエネルギー摂取量を維持しようとする方はあまり多くないのではないかと思います。

体格や代謝量など個人差があるため、きちんとあなたはこれだけのエネルギーが必要ですと算出することは難しいのですが、一つの指標として体型チェックに用いられるBMI(Body Mass Index)を参考にするといいかと思います。

 

BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

この計算式に当てはめてもらい、BMI値が18.5から24.9までの間に収まっていれば適正値となるため、体重を測った時などに計算してみるのもいいのではないでしょうか。

 

例えば、体重50kg、身長160㎝の人の場合、

 

50kg÷160㎝÷160㎝

 

でBMI値は19.5となります。

 

では次に、食べ物の吸収についてみていきましょう。

 

最近では柔らかい食べ物が多くなったり、忙しいという理由からついつい早食いになってしまうという方も多いのではないでしょうか。

いろいろな調査結果から、食べるのが速い人ほどBMI値が高くなる傾向にあるという結果も出てきており、よく噛んでゆっくり食べることの重要性が提唱されるようになってきました。

 

さらに早食いの弊害として、満腹中枢が刺激される前にどんどん食べ物を摂取してしまうため、必要以上に食べ物を食べていることが多いです。

カロリーの過剰摂取量はもちろんのこと、塩分など摂りすぎると高血圧などの循環器疾患を引き起こすリスクも高くなってしまいます。

 

また、食べ物の摂取量と同時に、虫歯の予防や歯並びの改善についての有用性が改めて認識されてきています。

しっかりと上下の噛み合わせが揃った歯で食べ物を嚙み砕くということは、食べ物の消化・吸収にとってとても大きな役割を果たしています。

少しの食べ物でもしっかりと消化・吸収を行うことでエネルギー摂取の効率が高くなるので、結果として健康な身体の維持に繋がっていきます。

 

日本歯科医師会でも、8020運動という80歳になったときに自分の歯を20本以上残そうという啓蒙活動をずっと行っており、皆さん一人一人の健康寿命を長く保つことを大元の意義としております。

 

日本人はまだまだ歯医者=歯が悪くなった時に行くものという認識が強く残っているのではないかと思いますので、一度歯のメンテナンスの重要性ということに目を向けていろいろ調べてみるのもいいのではないでしょうか。

私たちも矯正治療を専門として行っている立場から様々なアドバイスを行うこともできるので、気になることがあるときはいつでもお気軽に相談に来ていただけたらと思います。