大人になってから歯並びが悪くならないために出来ること-小児矯正・子どもの矯正なら横浜市瀬谷区の「ひらの矯正歯科」

目立たない装置で矯正できます。横浜(神奈川県)の子供矯正(こどもの矯正、小児矯正)は当歯科医院へ。

大人になってから歯並びが悪くならないために出来ること

今回は、歯並びの変化に注目し、大人になってから歯並びが悪くならないために出来ることを考えていきたいと思います。

当院では、昔診断だけ来てその後治療をしなかったという方が再来院することがあります。

理由は様々なのですが、以前診断した時より歯並びが悪くなった(気になるようになった)ということで再検査をされます。

実際時間と共に歯並びが変化するという事は十分に考えられますし、それによって不調が出る可能性もあります。

では何故長年付き合ってきた自分の歯並びが変わってしまうのか、まずその原因をピックアップしてみます。

 

1、食事の影響

食事の際の咀嚼は、基本的に奥歯から前の方に押されるような動きになるため、歯は前方へ少しずつ押し出される力が掛かります。
それが時間の経過によって歯並びが変化する要因となります。

また、片側だけで噛んでいるなど、そしゃくの左右のバランスが崩れている状態ではさらに悪くなる要因にもなります。

 

2、癖による影響

爪を噛む、姿勢が悪い、頰づえをつく、歯ぎしりをしているなど、悪い生活習慣によって外部から歯列に不必要な力が掛かってしまい、歯並びが変化してしまうこともあります。

 

3、親知らずによる影響

親知らずを抜歯すると、歯列の中にスペースができるため、歯並びが動いてしまう可能性があります。

また反対に、親知らずを抜歯せずにいると、前方に押し出される力が掛かってしまうこともあり、これも歯並びが崩れる要因となりえます。

 

4、歯周病による影響

歯周病になってしまうと、歯茎の中の歯槽骨が溶けてしまうことがあります。
歯槽骨は歯を支える土台となっており、その土台が崩れてしまうため、歯並びが維持できずに乱れてしまうことになります。

歯並びが変化する要因としていくつか挙げてみましたが、まだまだ人によって様々な要因がありますし、複数の要因が絡み合って変化することも考えられます。

 

では、それを踏まえてどうすれば歯並びが悪くならないように出来るかを考えていきましょう。

実は、1,2,4に関しては皆さまご自身でケアすることで回避できます。
毎日の食事の際の咀嚼に意識を向けると、意外に左右バランスよく嚙んでいないことに気づいたり、頬杖をつく癖に気づくだけでもだいぶ違います。
また、毎日のブラッシングに、歯垢染色液を試してみることで磨き残しを明確に歯周病リスクを下げることが出来ます。

問題は3を含む患者さんご自身で判断することが出来ないものです。
親知らずだけでなく、歯茎の中に埋まっている歯根や歯槽骨の状態などは、歯科医院で検査が必要です。

普段の生活から、大人になってからの歯並び悪化を防ぐことはできますが、気になる部分が出てきた場合は、早めに歯科医院で検査してみてください。

幼若永久歯の虫歯リスクについて

今回は、幼若永久歯の虫歯リスクについてお話していきたいと思います。

 

幼若永久歯という言葉を聞いたことがないという人もいるかもしれませんが、乳歯から

永久歯に生え変わる際、生え変わったばかりの永久歯をこのように呼びます。幼若永久歯は歯根がまだ完全に出来上がっておらず、歯の表面も十分に硬くなっていないという特徴があります。

歯のエナメル質が未成熟なために、大人の永久歯と比べると虫歯になりやすく、一度虫歯になってしまうと非常に進行が速いという特徴があります。

 

幼若永久歯の成長過程(歯の成熟)を見てみると、おおよそ2,3年の時間を掛けて、唾液などからカルシウムなどのミネラル分を取り込み、少しずつ固く丈夫な歯になっていきます。

つまりこの間は特に注意して虫歯に掛からないようにする必要があるのですが、一説には10歳までに8割のお子さんが虫歯になってしまうというデータもあるようです。

ではどの様に予防するのが効果的なのでしょうか。

 

 

■矯正歯科としての観点

 

最近は特にお子さんの顔の大きさが小さくなってきており、歯槽骨の中に全ての歯が並ぶスペースが無いという患者さんもよく見かけます。その様な方ですと、歯が凸凹に生えてしまう叢生(乱ぐい歯)になったり、前方に歯が出てしまう上顎前突(出っ歯)になってしまうことが多いです。

歯の叢生量が多いと、歯と歯が前後的に重なってしまう部分が生じ、歯ブラシが届きにくいところが出来てしまいます。

つまり、必然的に歯垢が溜まりやすくなり、そこから虫歯になってしまうリスクが高くなります。明らかに叢生量が多い患者さんですと、予め歯のスペースを確保するための小児矯正なども行うことが出来ますので、咬合の機能的な観点と予防の観点から治療を進めていくことが出来ます。

 

 

■予防歯科としての観点

 

上にも書きましたが、幼若永久歯はエナメル質が未成熟なため、特にフッ素が有効だと言われています。

フッ素は歯の再石灰化を促し、歯の成熟をサポートするので歯が弱い期間が短縮される傾向にあります。また、幼若永久歯はフッ素を取り込みやすくなっているため、将来的に強い丈夫な歯になりやすいとも言われています。

 

 

この様に、幼若永久歯の期間は特に注意していただく必要があるという事がお分かりいただけたのではないかと思います。

矯正歯科医としての観点や、予防に関するアドバイスなど、ご不明点や不安な事などがある場合はいつでもお気軽にご相談ください。

キシリトールのお話

今回は皆さんもご存じのキシリトールについて少しお話していきたいと思います。

 

キシリトールとは、甘みの成分となる甘味炭水化物の1種です。砂糖と同じ程度の甘味を持っていながら、カロリーは砂糖よりも低いという良い特徴をたくさん持っているものです。キシリトール含有のガムは皆さんもご存じかと思いますが、意外にもイチゴやラズベリー、ナスやホウレン草といった果物や野菜にも含まれています。また、食用以外にも夏用の冷感素材などで最近見かけるようになってきました。

 

 

そんなキシリトールですが、虫歯とはどのような関係があるのでしょうか?

 

1、口の中で酸を生成しない

 

甘味炭水化物はキシリトール以外にもいくつかありますが、いずれの物質もプラークの中で少しの酸を生成します。しかし、キシリトールは全く酸を生成しないため、歯を溶かすリスクが生じません。

 

2、甘みが強い

 

意外かもしれませんが、甘みが強いという事も虫歯の軽減につながっています。上でも砂糖と同じ程度の甘味があると書きましたが、甘みが強いことによって唾液の分泌が促進されます。唾液が多いと、プラークの中で生成される酸を中和しやすくなりますので、虫歯になりにくくします。

 

3、虫歯菌の活性を抑制する

 

キシリトールは、ミュータンス菌(虫歯菌)に取り込まれても、菌のエネルギー源として利用することが出来ません。そして活用できないどころかミュータンス菌の代謝を阻害するという効果までありますので、菌の活動が低下します。ただ全ての虫歯菌に有効というわけではないため、注意は必要です。

 

 

この様に、キシリトールは虫歯に対して非常に有用な効果のある物質という事は理解していただけたのではないでしょうか。とはいえ、これだけで虫歯菌が居なくなるわけでも、虫歯が無くなるわけでもないため、日々のメンテナンスをしっかりと行った上でキシリトールを上手に活用する必要があります。

 

11月8日は「11(いい)8(歯)の日」として、日本歯科医師会が歯科保健啓発活動を行っています。日々のメンテナンスの大切さや、メンテナンスをしっかりと行えているのかを、ご自身でも再確認するきっかけにしてみるもの良いのではないでしょうか。

 

今回は矯正治療とは少し離れた話になりましたが、メンテナンスは矯正治療の有無に関わらずとても大切なことです。もしメンテナンスでやりにくいことやわからないことなどある場合は、この機会に一緒に克服していきましょう。

歯並びは栄養吸収、老化に影響する?

今回は、少し将来に目を向けたお話をしていきたいと思います。

 

「老化」と聞くと今の私には関係ないかなと思われる方もいるかもしれませんが、

若い人でもそうでない人にも関係してくるので、是非ご覧いただけたらと思います。

 

小児矯正治療の相談を受けていると、たまに親御さんがご自身の歯並びに対してあまり関心がないように感じることがあります。

お子さんの治療で相談に来られた親御さんの中には、

お子さん以上に不正咬合の状態が悪いケースもあったりします。

ご自身が過去治療する機会がなかったため、

お子さんには綺麗な噛み合わせと歯並びをと思って相談に来られる方も多く、

費用や時間の問題からお子さんを優先するというのは非常にわかりますが、

中にはご自身の歯並びが不正咬合だということに気づいていないというケースもありますので、少し気になってしまいます。

 

 

では本題の歯並びと老化に関してですが、おそらく多くの人が自分が歳をとったときに、自分の子供に介護での負担をあまり掛けさせたくないなと思っているのではないでしょうか。もうすでに健康面での意識を高く持っている方もいると思いますが、歯や噛み合わせに関してまで気を配っている方はあまりいないのではと思います。

 

日本歯科医師会が調査したデータによると、もっと早くから歯の治療や健診に行っておけばよかったと感じている人が全体の75%にも及んでいるという結果も出ています。

何もない時には気にならない「歯」ですが、やはり虫歯や歯周病、歯が抜けてしまうといった症状が出てから後悔することが多いようです。

 

 

矯正治療は、審美的な観点で治療を行うという人もたくさんおられますが、

それと同時に機能面での改善が大きな役割を果たしています。

 

叢生(デコボコ、乱ぐい歯)がある方ですと、隣り合う歯が重なっている部分が生じてしまい、ブラッシングが行き届きにくくなり、虫歯や歯周病のリスクが高くなることもあります。上顎前突(出っ歯)、下顎前突(しゃくれ)など嚙み合わせに問題がある方では、顎関節に負担がかかり、顎関節症などに発展してしまう可能性もあります。

この様に、歯もしくは歯周組織に悪影響が及ぶと、

将来好きなものが食べられなくなったり、偏食(柔らかいものばかり食べてしまうなど)が進み、栄養バランスが崩れてしまうことにも繋がります。

 

実は、栄養バランスの崩れは老化を促すことになり、

相対的に介護を受ける年齢を早めてしまうことに繋がりかねません。

 

歯の定期的な健診や治療にはどうしてもお金と時間がかかってしまうというのは事実ですが、将来的な介護費や人的な負担を考慮すると決して高いものではないかと思います。

ご自身のためにというのはもちろんですが、ご自身のお子さん・お孫さんに対する介護負担の軽減という観点から、少し歯に関する関心度を振り返って考えていただくのも有意義なことではないかと思います。

わからないことや疑問に思うことなどが出てきた際には、いつでもお気軽にご相談ください。

小児矯正における骨格性反対咬合について

今日は小児矯正における骨格性反対咬合の治療開始のタイミングについて少し考えてみたいと思います。

 

矯正はいつから開始したらよいかという質問を多くいただきますが、

患者さんの不正咬合の状態によって変わってくるため、一概にいつということをお伝えすることはできません。

 

例えば、お子さんの永久歯への生え替わりの途中で、

上顎の前歯2本の永久歯が生えてきたけど、少し外側に傾いて正中が開いているという状態があります。これはすぐに治療開始する必要がない場合も多く、他の歯が後から生えてくる中で自然に隙間が埋まってたりします。

そのため、前歯に隙間ができたらすぐに治療開始するわけでなく、

成長の様子をみて治療開始のタイミングを確認する必要が出てきます。

 

しかし、逆に様子をみていることで、治療のハードルがあがってしまうケースもあります。代表的な症状としては骨格性の反対咬合(受け口)です。

受け口はシンプルに分類すると、①単純に下の前歯が上の前歯より外側に傾いている症状と、②下顎が上顎よりも前方向に出ている骨格性の症状とに分けられます。

 

単に歯の傾きで下顎の前歯が前に出ているものと違い、

顎の骨の成長バランスや噛み合わせの問題などからくる骨格性反対咬合は、放っておくことで悪化するリスクがあります。

それは、成人に近づけば近づくほど、骨の成長が終わり、最終的には外科手術が必要になってしまう可能性が出てきます。成人になっていざ治療しようとしたときには、

骨の成長を促しながら治療することが出来なくなるため、治療アプローチの選択肢がかなり限られてしまします。

 

骨格性と言われる顎の骨に問題がある場合は、骨の成長をサポートできる小児のうちに開始し、骨格性の問題を解決しておいた後に、歯の受け口を整えていくというのがベストになります。

 

他にも叢生などの歯のデコボコにおいて、歯が並ぶスペースが確保されないことが原因となっている不正咬合の場合、顎の骨の成長サポートを行ったり、小児の段階だからこそできるアプローチが多々あります。

 

初めに例を出したように、様子を見たほうが良いケースもありますが、

手遅れになってしまうと治療のハードルが上がってしまう場合もありますので、

まずは早めの受診でどのタイミングでの治療を行うのがベストか、

それぞれのメリット、デメリットを明確にしたうえで検討されるのが良いと思います。

特に受け口の場合は、実は奥歯の上下関係を確認することで噛み合わせをチェックしていますので、なかなかご自身で判断するのは難しいかと思いますので、

気になる場合は早めにご相談下さい。