うちの子どのタイプ?-小児矯正・子供矯正(横浜市・瀬谷区)なら「ひらの矯正歯科」

無料カウンセリング受付中。小児矯正・子供矯正(横浜市・瀬谷区)なら「ひらの矯正歯科」

相鉄線三ツ境駅南口より徒歩6分。駐車場15台完備

平日・土曜午後7時まで診療

初診カウンセリング

うちの子どのタイプ?

うちの子どのタイプ?

悪い歯並びはそのはえ方によって、いくつかの種類があり、治療方法も種類によって異なります。お子さまの歯並びはどのようなタイプでしょうか?このページでは歯並びの種類とその解説を行っていきます。

●八重歯(乱杭歯)
ほんの少し口元から見える八重歯(乱杭歯)は「可愛い」とされる場合もありますが、それでも専門医の診断が必要です。ブラッシングがしにくい為、食べ物の残りかすが溜まりやすく、虫歯になりやすいのです。子供の内から小児矯正で治療しましょう。

八重歯(乱杭歯)の矯正治療

●出っ歯(上顎前突)
出っ歯(上顎前突)は口を開けた際のみならず、閉じている際のお顔の印象も変えます。大人になってからコンプレックスを感じ、思い切り笑えない方もいるほどです。子供の内に小児矯正で治療しましょう。

出っ歯(上顎前突)の矯正治療

●受け口(反対咬合)
受け口(反対咬合)は正しい顔の成長に悪影響を及ぼしかねません。矯正(小児矯正)開始時期を見極めて治療に取り掛かる必要があります。お早めに矯正専門医にご相談下さい。

受け口(反対咬合)の矯正治療

八重歯(乱杭歯)の矯正治療

乳歯から永久歯にはえ変わるには、十分なスペースが必要になります。乳歯列や混合歯列期(乳歯と永久歯が混じった時期)にガタガタがあったり八重歯がある場合、その程度にもよりますが一般的には、何もしないでそのまま永久歯にはえ変わった場合、約70%の方が永久歯の抜歯を伴う矯正へ移行してしまいます。

逆に小児期の時期に取り外し式装置を使用し、あごの成長を利用して永久歯のスペースを確保することにより、抜歯治療の可能性を大きく減らすことができます。

また、ガタガタや八重歯の状態のままですと、清掃性も悪く虫歯のリスクが高まります。特に永久歯は、はえたばかりは幼弱で虫歯になりやすい時期でもあります。小児期にガタガタをほどいてあげることは、将来的に永久歯のスペースを確保するだけでなく、間接的に虫歯のリスクも減らすことにもつながります。

八重歯(乱杭歯)の変遷

一昔前までは、日本では、「八重歯」=「かわいい」などの認識がありましたが、八重歯は、海外とくに欧米では、ドラキュラの歯と言われマイナスイメージの歯並びとなっています。

近年、海外旅行はもちろんお子さまで海外に留学をされる方が多く、八重歯(乱杭歯)のまま留学したらホームステイ先で「どうして八重歯を治さなかったの?」と聞かれて日本に戻ってきてから慌てて矯正治療をした患者さまもいらっしゃいます。日本でも欧米化が進みまた歯科知識の向上もあり昔の「八重歯」=「かわいい」というイメージは、なくなりつつあるようです。

八重歯(乱杭歯)のデメリット

八重歯(乱杭歯)は、上記デメリットもありますが、最大のデメリットは、歯ブラシがしにくいために虫歯になりやすく、また歯周病のリスクが高まって早期に歯を失ってしまうリスクが高い噛み合わせであるということです。

よく患者さまから「年をとると歯は、みんな自然に無くなってしまう」ということをお聞きしますが、それは間違いです。お口のメンテナンスをしっかりしていれば、何才になってもご自分の歯でしっかり噛むことができます。

痛くなって歯医者さんに行くのは、誰しも嫌なことです。それを防ぐには、日々の歯ブラシと定期的な歯科健診が必要になります。

一昔前の歯医者さんの考えでは、「痛いときに行く」でしたが、現在は「痛くならないように行く」という予防を含めた歯科健診的な考えが主流となっています。

出っ歯(上顎前突)の矯正治療

出っ歯(上顎前突)の噛み合わせの種類は、上の歯だけが飛び出している出っ歯、下顎の成長が少なく骨格的に出っ歯になっているケース、またその両方などさまざまなケースがあります。

<出っ歯(上顎前突)の矯正治療(小児矯正治療)のメリット>
1、前歯が飛び出したままですと、お口が閉じづらいため歯や歯茎が乾燥しがちになります。歯や歯茎が乾燥してしまうと唾液による殺菌作用がなくなり虫歯になりやすく、また歯茎が腫れて歯肉炎になり口臭の原因にもなってしまいます。前歯を内側に入れることによりお口が閉じやすくなりこれら問題を改善できます。

2、上の歯が出ているため学校の体育の時間やお友達と遊んでいる時など歯をぶつけやすく大事な永久歯の前歯を折ってしまうケースも多くあります。前歯を内側に入れて上下前歯全体で噛み合わせてあげることにより、たとえ歯にボールなどがぶつかっても衝撃を歯列全体で受け止めることが出来るので、間接的に前歯を守ります。

3、前歯を適切に内側に入れることにより上下の前歯をしっかりと噛み合わせ、食べ物がうまく噛み切れる様にします。

4、出っ歯による心理的ストレスも小児期に解消できます。小さいうちは、あまり気にならなくても思春期を向かえたあたりから気になる方が多い様です。

将来的に出っ歯の噛み合わせになりそうかどうかの予測は、7才くらいに分かります。なるべく重度の出っ歯(上顎前突)にならないように小児矯正で歯の位置や上下の顎の成長のコントロールが必要になります。子供のうちに出っ歯(上顎前突)の状態でも小児矯正を行うことにより将来的に永久歯を抜かずに矯正治療を行う可能性が高まります。

出っ歯(上顎前突)の場合、装置はプレートタイプの装置や夜間に使用して頂くヘッドギアと呼ばれる装置を使用することが多いです。また、歯の裏側に装置をつける見えない矯正もあります。

受け口(反対咬合)の矯正

成長期の受け口は、お顔の成長に大きく影響します。受け口をそのまま放っておいてしまうと、受け口により上下のあごの成長のバランスが崩れ、お顔立ちに悪影響を及ぼしてしまう可能性が高まります。

そのため、はえ変わりやあごの成長のバランスを診ながら矯正(小児矯正)開始時期を見極める必要があります。また、軽度の乳歯の受け口は、前歯のはえ変わりの時期に自然に治る場合もありますが、乳歯の噛み合わせと永久歯の噛み合わせは似ることが多いため永久歯になっても、そのまま受け口になってしまう場合も少なくありません。

乳歯の受け口は、すぐに矯正が必要でない場合が多いですが、定期的(半年~1年に一度)に矯正歯科医のチェックが必要です。

<受け口の矯正治療のメリット>
  • 受け口による上下のあごの成長のアンバランスを改善させ、お顔の良好な成長を促します。
  • 小児期に受け口を治すことにより、受け口による心理的ストレスをなくすことが出来ます。
  • 前歯でしっかり噛むことが出来るので、正常なお食事を含めた口腔機能を営めます。

装置は、主に裏側から前歯をスプリングで押すタイプの装置、プレートタイプ、夜間に使用して頂く取り外し式装置があります。また、装置が見えなくする方法もあります。

受け口(反対咬合)の矯正の症例

受け口(反対咬合)を放っておくと、お顔の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。成長期に矯正を開始したため、成長に悪影響を及ぼしている前歯の修正および上下のあごの成長のコントロールを行い、正しい成長の誘導を行うことができ、噛み合わせもきれいになりました。

特に永久歯の受け口(反対咬合)は、通常は自然治癒することは考えにくいため矯正専門医による早期の診断が必要になります。

  • ひらの矯正歯科お電話でのご予約
  • ひらの矯正歯科メールでのご予約
緊急連絡先について
横浜市歯科保険医療センター(休日急患診療所):045-201-7737までご連絡お願いいたします。
医院が休診の際に何かございましたら上記までご連絡下さい。